2018年9月17日

ヘルスケア・ウェルネスサービス開発支援(コンサルティング)

健康になることは、誰しも共通する人生の課題の一つであり、それぞれがそれぞれの「健康感」(健康に関する思い)を持っています。ヘルスケアサービスの新規開発では、人々のひたむきな健康に対する思いに応えるため、ユーザーの健康観の根幹にある本質を見極め、エビデンス(専門家の経験、研究知見)を選ぶことが重要です。しかし、日々変わる生活や研究のトレンドを全て追うことは骨が折れる業務であり、一社で行うことは現実的ではありません。われわれは、良いヘルスケア・ウェルネスサービスを届けたい方に対して、合理的なプロセスと情報を提供しています。

 

 STEP1    ポートフォリオチェック
・シンプルキャッチ
・社会的課題/ペインポイント
・市場規模(現在/将来)/新規市場機会
・エビデンス(基礎/臨床/社会)
・技術の優位性(国内外)
・法規制
・ビッグアスク
STEP2     商品・サービス開発支援
<支援内容(例)>
・シーズの調査
・ユーザーペルソナの策定
・ユーザージャーニーの作成
・ユースケース作成
・コンセプト検証
STEP3    プロモーション支援
<支援内容(例)>
・エビデンスマップ作成
・”イシュー(健康課題)”策定支援
・ヘルスプロモーション戦略策定
・研究会・コンソーシアムの企画・運営

STEP4    コミュニティ-  多様な価値観やスキルを”共有”する –
<支援内容>
・オンラインマガジン:最新トレンドや新しい視点の共有
・リビングラボ:市民を交えて商品やサービスを共創する場
・専門家ネットワーク:研究者、ケア提供者との連携
・事業相談